mismo Japan

オーダーバッグ(やり直し)

「こんなバッグが欲しい」

 

bag

 

 

依頼主様より

画像で依頼をお受けしして

職人に画像を見せて

使う皮の指定(こちらから伝えることもあります)と

金額を確認します。

 

金額など出た時点で

依頼主様に、金額や納期をお伝えします

ここで

「作ってください」と依頼をしていただけたら

作成となります。

 

今回は

職人さんも

『90%再現できたらいいと思います』と自信なさげ

もちろん、その旨も依頼主様にお伝えします

この時点では

私も90%に超不安

でも、私は作れないので

信頼するしかありません

 

職人さんは

いろんな性格の方がいます

今、メインでお願いしている職人さんは

まず、確認!をしてくれます

 

pattern paper

 

作る予定の型紙の確認です

オーダーの商品の金額が高いのは

型紙を1度しか使えないからです

 

bamboo

 

これは天然素材のバンブーです

同じものがないので

幅、高さなど

依頼主様にも確認をとります

 

そして実際に作り出します

さて

90%・・・・・・・・不安

 

約一ヶ月

出来上がったバッグは

90%どころが

 

私的には

違うもの

 

bag

 

思わず

「ヤカンかよ!」

と言ってしまった

問題点は1つ

指示ができなかった?というか

そこかぁ〜?という場所の問題

 

bag

 

バンブーの幅が広すぎるんです

バッグの幅に比べて

ハンドルの幅が広いから

バッグの中心に凹みができません

 

もう・・・・・

 

まずはハンドルの交換

それでもダメなら

作り直しです

 

ご依頼主様にも

「キャンセルも可能です」

と伝えます

なぜなら

納期が遅れるからです

 

ただ、「待ちますよ」と言っていただけました

 

感謝しかありません

 

そして

ハンドル交換

 

bag

 

これが90%の再現なら納得

大事にならなくて良かった

 

もちろん

ロゴなどは付きません

皮も、今回はカーフではなくゴートです

 

到着はまだですが

入荷したら

まずは革のメンテナンスをして

お渡し準備です

 

正直

ご依頼を受けてお渡しまで

胃がキリキリします

「喜んでいただけるか」

それが本当にいつも気になります

 

なので

オンラインショップを作ったのですが

(顔を合わせなねれば、感情がないかと)

オンラインでも

注文されて、商品が到着して

お礼のメッセージや

何も問題がないことが確認できるまで

胃がキリキリします(笑)

 

やっぱり

人に関わる仕事は

どんな仕事でも

喜んでもらいたい!が1番なのかもしれません

 

胃がキリキリする仕事

 

辞めたい(笑)

コメントは受け付けていません。

前の記事へ

商品に関する質問はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ お問い合わせ arrow_right
PAGE TOP